外壁塗装の値引き交渉は手抜き工事を招く!?

高い金額から大幅値引き

外壁塗装の見積もりを行なってみると、その金額の高さに驚く人も多いです。

安くても数十万円から大きい家だと数百万円まで外壁塗装の工事費用は決して安いものではありません。

そんな時に買い物上手な人は「値引き交渉で安くなるかも」と考えてしまうかもしれませんが、実は外壁塗装工事において値引き交渉はやってはいけない危険な行為なのです。

こちらの記事では外壁塗装の値引き交渉の危険性とその理由について解説します。

費用を安くするには複数の見積もりが大事ですが…

見積書の比較

まずお伝えしておきたいのは、外壁塗装の費用を安く抑えるためには複数業者での見積もりを行うのが最も確実な方法であるということです。

外壁塗装には定価がなく、それぞれの業者によって料金が大きく異なります。

また外壁塗装の費用は壁の広さや劣化状況、使用する塗料などいろいろな要素で決まるため、インターネットで調べる料金相場とは金額が大きく変わってしまうこともあるのです。

そんな時にどうすれば自宅の相場を知ることができるのかというと、それが複数業者での見積もりを比較することなのです。

それぞれの業者でどれくらいの施工をすればどの程度の金額がかかるのか比べることができ、そうして希望する条件に合う中で一番金額が安い業者を見つけられるのです。

しかし複数の業者で見積もりをしても「他社の方が見積もり金額は安いから値引きをしてほしい」と値引き交渉をしてはいけません

それはなぜなのでしょうか。

見積価格は最低限必要な費用を算出したものである

見積書の価格は最低ライン

外壁塗装において見積もりをしてはいけない理由、それは優良業者の場合、見積もりの価格は最低限必要な費用を算出したものだからです。

仮に値引き交渉をして業者がそれに応じてくれたとしても、私たちにはわからない部分で必要な工程を省いたり、工事の人数を減らして人件費を削ったりしている可能性が高いです。

外壁塗装の施工には欠かすことのできない作業工程がいくつもあり、それを少しでも省いてしまうと適切な施工ができず外壁塗装をしてもすぐに劣化してしまう恐れがあるのです。

外壁塗装は最も「手抜き」をしやすい分野である

数ある工事系の分野の中でも外壁塗装は最も手抜きをしやすい分野であると言われています。

専門知識のない人には施工費用の相場がわかりにくく、また悪徳業者は一般の人にはわからない部分で工程を省いたり手を抜いたりする恐れがあります。

そのため無理に値引き交渉をしてしまうと業者は一般の人にはわからないところで費用を抑え、値引きに応じる可能性があり大変危険なのです。

外壁塗装業者が値引きに応じた際に考えられる危険性

外壁塗装業者が値引きに応じた際に考えられる危険性

もしも利用者から値引き交渉を行い、業者がそれに応じた場合には以下のような危険性が考えられます。

費用が安くなるのはいいことですが工事の品質が下がってしまっては意味がありません。

塗料のグレードが下がる

もし利用者が外壁塗装に使用する塗料を特に指定していない場合、グレードの低い塗料を使用することにより施工費用を抑える可能性があります。

また塗料を指定していたとしても同じ種類の塗料の中で品質の低い安価な塗料に変更されてしまう可能性もあります。

人件費を削る

見積もり金額より安い費用で施工をしようとすると、どうしても予定していた人件費を確保できず人員が削られてしまう可能性があります。

少ない人員で工事を行うと1人あたりの負担が増えてしまい作業が雑になってしまうことも。

また少ない人数で定められた施工期間内に工事を完了させようと工程を簡略化したり、本来確保しなければならない塗料を乾燥させる時間を短くしたりと、様々な手抜き工事の可能性があるのです。

「3度塗り」を行わない

外壁塗装の基本は「3度塗り」です。

メインの工程となる塗装の段階で下塗り、中塗り、上塗りの3回に分けて塗装を行います。

しかし値引きにより人件費を削ってしまうと必要な作業工程を短縮してしまう恐れもあるので、本当は3回塗らなければならないところを2回しか塗らない業者もあります。

悪徳業者が行う「各種キャンペーン」

悪徳業者が行う「各種キャンペーン」

色々な業者で外壁塗装の検討をしていたり見積もりをしてみたりすると、いくつかの業者は色々なキャンペーンを提示してくるかもしれません。

しかし、外壁塗装の施工に関するキャンペーンは悪徳業者が契約獲得のためによく行う手口であるため、基本的に疑ってかかった方がいいでしょう。

業者側から大幅な値引きを提案されるのは危険

悪徳業者が頻繁に使用する手口なのですが、「今ならキャンペーン中なので見積もり価格よりも大幅に安く外壁塗装が行えます」、という宣伝文句で契約を獲得しようとする業者がいます。

「キャンペーンで値引きをされるのであれば利用しようか」と思ってしまいますが、こういった大幅な値引きを提案してくる業者のほとんどは悪徳業者であるので利用してはいけません。

元々の見積もり金額を適正価格よりも高く設定し、あたかもお得になったかのように見せかけるのです。

「足場無料」キャンペーンも危険

業者によっては見積もりなど検討段階で「足場無料」キャンペーンを行なっていることもありますが、こういった業者を利用するのもあまりおすすめできません。

外壁塗装の施工において足場は欠かすことができないもの。

そんな足場を組む費用は意外と高くつくため、キャンペーン価格として安くできるはずがないものなのです。

そのため「足場無料」キャンペーンをしていても実際はどこか別の部分で適正価格以上の費用が発生しているのかもしれません。

訪問販売員のキャンペーンは信じてはダメ

地域によっては外壁塗装の訪問販売員が自宅を訪ねてくることがありますが、外壁塗装は訪問販売を利用してはいけません。

多くの訪問販売員は「すぐに外壁塗装を塗り直さないと危険」と利用者の不安を煽り契約にこじつけようとします。

実際に外壁塗装に関する相談が寄せられたケースの多くは訪問販売による施工案件となっていて、全ての訪問販売員が必ずしも怪しいとは言えませんが、基本的には信用しない方が賢明でしょう。

値引き交渉をしてもOKな場合とは!?

値引き交渉をしてもOKな場合とは!?

基本的に外壁塗装に関して値引き交渉をするのはリスクが大きいものですが、場合によっては値引き交渉をしてもOKなこともあります。

業者が適正価格で見積もりを出してくれたとすると、値引きできる金額は多くても5%〜10%程度です。

それ以上の割引は利益が出なかったり赤字になってしまったりするため、この基準よりも値引きをしてくれる場合には手抜き工事の可能性を疑ったほうがいいでしょう。

塗装時期を閑散期へ変更する

外壁塗装の世界にも繁忙期と閑散期が存在します。繁忙期はおおよそ「3月後半〜梅雨入り」と「9月〜10月」、「年末」の3つの時期です。

そして閑散期は「年始〜2月末」と「梅雨時期」の2つの時期。

外壁塗装業者にも固定費があるため、なるべくスケジュールを埋めて施工を行いたいというのが本音です。

そのため繁忙期の依頼を閑散期へずらすことにより値引き交渉に応じてくれる可能性があります。

閑散期の中でも「梅雨時期」は雨で工事が延期になる恐れがあるので、おすすめは「年始〜2月末」です。

外壁塗装の施工時期にこだわりがない場合は時期をずらすことで値引きができないか確認してみましょう。

本当の優良業者は極力安い見積もりを提示してくれる

外壁塗装の施工は決して安いものではありません。

なるべく費用を抑えたい気持ちはわかりますが、外壁塗装においては安易な値引き交渉はとても危険なのです。

本当の優良業者は見積もりの段階でなるべく費用を安くした最低限の価格を提示してくれます。

値引き交渉で費用を抑えようとするよりも、優良業者を見つけてその中で最も安い業者を探す方が安心して満足のいく施工を行えるのです。

 

外壁塗装の見積人気依頼ランキングはコチラ

外壁塗装の一括見積ランキング
厳選に厳選を重ねた外壁塗装一括見積サイトの人気ランキングです。 全てのサイトにて完全無料で利用することができますので、安心して問い合わせし...
外壁塗装一括見積人気ランキング

外壁塗装は、家のメンテナンスには欠かせない内容であり、業者に依頼をすると数百万円の金額になってきます。

一方で、強引な営業や、手抜き工事をされることも多く、業界そのものの信憑性に欠ける要素を持っています。

そんな状況下でも優良な外壁塗装業者は存在します。素人では見抜けませんが、外壁塗装一括見積サイトを通して、厳選なる審査をしているため、安心して優良外壁塗装業者と連絡することができるようになりました。

以下より人気ランキングになっておりますので、是非ご覧ください。

外壁塗装一括見積人気ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

屋根や外壁の状況次第では保険が適用されない場合も!

外壁塗装の悪徳業者の見抜き方とは!?

セラミック塗料

外壁塗装の見積もり時における注意ポイント

外壁塗装の費用・価格・料金

外壁塗装の費用っていくら?事前に確認するべきポイント

セラミック塗料のデメリット

外壁塗装の悪徳業者の手口を大公開!~失敗事例~