外壁屋根塗装で補助金(助成金)を受けるための条件とは!?

外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較

外壁屋根塗装の施工には数十万円から百数十万円の費用が必要になり、決して安い金額であるとは言えません。

自治体によっては外壁屋根塗装の施工に補助金を出してくれるところもあり、条件を満たすのであればぜひ利用したいですよね。

こちらの記事では外壁屋根塗装で補助金(助成金)を受けるための条件や注意点について紹介します。

自治体によって補助金の内容は異なる

自治体によって補助金の内容は異なる

外壁屋根塗装の補助金は自治体によって全く内容が異なりますし、そもそも補助金の制度が用意されていないところもあります

外壁屋根塗装の施工を検討している場合は、事前に必ず自治体のホームページなどで補助金制度について確認しておきましょう。

外壁屋根塗装の補助金を受けるための条件

外壁屋根塗装の補助金を受けるための条件

それでは、まずは外壁屋根塗装の補助金を受けるための条件を見てみましょう。

自治体によって細かい条件は異なりますが、おおよそ共通する条件を紹介します。

施工する物件が自治体の区域内になければならない

補助金を受けるための条件として、施工する物件が自治体の区域内にある必要があります。

そして基本的にはその物件に住んでいるか、これから住むかでないと補助金は受けられません

転入後のリフォームなら補助金の上限を上げてもらえる自治体もあるため、これから引っ越す物件に外壁塗装の施工をする場合は該当する自治体に確認しておくといいでしょう。

 

ちなみに自治体によっては自己所有のものでない借家でも補助金を受けられることがあります。

「借家の場合は所有者が親族の場合のみ対象」など条件を満たす必要があるところもあり、詳細は各自治体に確認してみましょう。

税金を滞納していると補助金が受けられない

自治体から受けられる外壁屋根塗装の補助金は税金からまかなわれています。

そのため税金を滞納している人は補助金を受けることができません

これは外壁屋根塗装の補助金に限った話ではなくどの補助金でも同じこと。

保険や年金、県民税や市民税など各種税金はきちんと納めておかなくては補助金を受けられません。

同じリフォーム業者を使用しなくてはいけない

自治体によって条件は変わってきますが、外壁塗装以外のリフォームも行う場合には、施工をする業者が同じものでないと補助金の交付を受けられないことがあります。

外壁塗装の工事だけでは補助金を上限いっぱいに交付されないとわかっているのであれば、内装など他にリフォームを検討している箇所を同じ業者に依頼するといいでしょう。

ただし補助金を受けるために必要ないリフォームをしてしまっては、そのぶん余計な費用がかさむだけですので注意。

外壁屋根塗装の補助金を申請する際の注意点

外壁屋根塗装の補助金を申請する際の注意点

次に外壁屋根塗装の補助金を申請する際の注意点を紹介します。

申請は施工前にしよう

まず知っておいてほしいのは、外壁塗装で補助金を受けるためには施工開始前に申請をしなくてはならないという点です。

該当する自治体へ補助金を希望する旨を申請し、その後応募者が多数の場合は抽選で交付者が決定されます。

補助金を交付してもらえることが決定するまでは工事を開始することができませんので、施工を開始するタイミングは外壁塗装業者に補助金の状況について相談してから決定しましょう。

施工前・後の写真や見取り図等が必要になることも

自治体によって違いますが、補助金の申請をする前にリフォームをする箇所の写真や見取り図、平面図、立面図などが必要になることもあります。

写真だけであればすぐに用意できますが、見取り図や平面図、立面図などはある程度時間がかかるため、どのようなものが申請に必要なのか事前に自治体に確認しておきましょう。

ちなみに平面図や立面図を業者に依頼する場合は10,000円から15,000円程度の費用がかかるので、自作の図面でOKかどうかも確認しておくといいでしょう。

断熱塗料・遮熱塗料を使用する場合のみ補助金が出る自治体も

アクリル塗料やシリコン塗料など一般的な塗料を用いた外壁塗装ではなく、地球環境に配慮された「省エネリフォーム」の場合にのみ補助金が交付される自治体もあります。

この場合は地球温暖化やヒートアイランド現象への対策として補助金が行われているため、断熱塗料や遮熱塗料を使用しなくては補助金が受けられないのです。

ただしそれにも色々な条件があり、例えば「屋根一面に遮熱塗料を使用するのであれば、外壁に関してはどんな塗料でもOK」という場合もあります。

 

補助金を受けるのに「断熱塗料や遮熱塗料を使用しなければならない」という条件があるときは、どの塗料を断熱塗料とみなしどの塗料を遮熱塗料とみなすのか、などの判断が自治体によって異なります。

注意しておきたいのは、悪徳業者のやり口に「自社で作ったオリジナルの遮熱塗料を使用すれば補助金が受けられる」と説明して契約を取ろうとするケースがあるということ。

この場合は自治体で遮熱塗料と認められていない塗料であることがほとんどであるため、実際に申請しても補助金は受けられないのです。

断熱塗料や遮熱塗料を使用して外壁塗装を行う場合は、必ず事前にその塗料が補助金交付の対象となるのかどうかを確認しておきましょう。

一般的な断熱塗料と遮熱塗料の定義

・断熱塗料

塗料の成分に含まれるガラスやセラミック、樹脂などの断熱層により内側に熱が伝わりにくい塗料のこと。

・遮熱塗料

太陽光は紫外線と可視光線、赤外線に分かれていて、中でも温度が上がりやすい近赤外線を大きく反射する塗料のこと。正しくは「高日射反射率塗料」と呼ばれます。

外壁屋根塗装で補助金(助成金)~まとめ~

外壁屋根塗装で補助金(助成金)を受けるための条件や注意点について紹介しました。

自治体によって異なる補助金の条件をしっかりと確認し、なるべく費用を抑えて外壁屋根塗装の施工を行いましょう。

 

外壁塗装の見積人気依頼ランキングはコチラ

外壁塗装の一括見積ランキング
厳選に厳選を重ねた外壁塗装一括見積サイトの人気ランキングです。 全てのサイトにて完全無料で利用することができますので、安心して問い合わせし...
外壁塗装一括見積人気ランキング

外壁塗装は、家のメンテナンスには欠かせない内容であり、業者に依頼をすると数百万円の金額になってきます。

一方で、強引な営業や、手抜き工事をされることも多く、業界そのものの信憑性に欠ける要素を持っています。

そんな状況下でも優良な外壁塗装業者は存在します。素人では見抜けませんが、外壁塗装一括見積サイトを通して、厳選なる審査をしているため、安心して優良外壁塗装業者と連絡することができるようになりました。

以下より人気ランキングになっておりますので、是非ご覧ください。

外壁塗装一括見積人気ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

保証なしは不安?外壁塗装の適切な保証年数とは

塗料メーカーの保証は信頼できる?

サイディング外壁の補修方法

外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較

外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

外壁塗装で使用される塗料の種類をすべて解説します!

外壁塗装業者の自社保証はここを注意

火災保険で無料になる!?外壁・屋根塗装に適用される条件とは

塗料の1液型と2液型の違いやメリット・デメリットを徹底解説

塗料の1液型と2液型の違いやメリット・デメリットを徹底解説