外壁修理費用の価格相場を知って賢く施工しよう

外壁塗装見積書の見方と項目の例

家を建ててから時間が経過すると、外壁にさまざまな症状が発生することがあります。

症状をそのまま放置していると自宅の美観を損ねるだけでなく、日常生活に支障をきたすレベルまで問題が発展してしまうこともあるので、定期的に外壁を修理することが必要です。

しかし、外壁修理を専門業者に依頼する場合、どれくらいの費用がかかるのか分からないという方も多いと思います。

外壁修理費用の価格相場を知らないままでいると、悪質な業者の割高な見積もりに騙されてしまう可能性が高いです。

賢く施工するために、外壁修理費用の価格相場について1つ1つチェックしていきましょう。

外壁修理の費用を安くするためのコツも合わせて紹介します。

外壁修理費用の価格相場

外壁修理費用の価格相場

外壁修理にかかる費用の価格相場を、修理内容ごとに紹介します。

地域によっても相場は変わってきますが、おおよその目安として参考にしてみてください。

・ひび割れ補修

外壁および外壁塗装に入ったひび割れの補修にかかる費用の相場は、数万円~10万円程度となるケースが大半です。

ひびの入り具合によっても修理費用は変わってきます。

ひび割れが高所にできている場合などには、足場代が別途必要になる場合もあるので注意しましょう。

・コーキング打ち替え

コーキングの打ち替えにかかる費用は、1平方メートルあたり900~1200円程度です。

打ち替えを行う範囲の広さによって、価格は大きく変動します。

打ち増しであればもっと安く済ませることもできますが、修理が必要な状況ではかなり劣化が進んでいることが多く、打ち増しが不可能な場合がほとんどです。

こちらもひび割れ補修と同じく、足場代が必要となるケースがあります。

・高圧洗浄

外壁に目立つ場合やチョーキング現象への対策として行う高圧洗浄の価格相場は、1平方メートルあたり100~300円程度です。

状況によっては足場を組んだり、養生や飛散防止ネットで飛び散る水を防いだりする必要があるため、追加の費用が必要となります。

また、高圧洗浄に用いる水を出すための水道代のことを別に考えなければなりません。

・外壁塗装

部分的な修理ではなく外壁全体の塗り替えを行う場合、塗装に加えて足場代や高圧洗浄、下地補修などの作業が必要になるため、かかる費用は高くなります。

30坪の住宅でモルタル外壁を塗装する際の費用の価格相場は、40~80万円程度です。屋根の塗装も含めると100万円を超えることも珍しくありません。

使用する塗料の種類によっても費用は変動するので、見積もりの内容をしっかりチェックすることが大切です。

・サイディングボードの張り替え

サイディングボードを張り替える場合、30坪で60~300万円程度が費用の価格相場となります。

かなり価格相場に幅がありますが、これは使用するサイディングボードの種類や施工方法によって差が出てくるためです。

張り替えるのではなく、既存のサイディングボードを重ねて張るカバー工法という施工方法もあります。

カバー工法は撤去のための費用を節約できるため、最大でも200万円程度が価格相場です。

こんな症状が出たら外壁を修理しよう

こんな症状が出たら外壁を修理しよう

どんな症状が出たときに外壁の修理を考え始めれば良いのでしょうか?

ここでは外壁の修理が必要になるケースの多い症状を紹介していきます。

外壁の状態をチェックする際の判断材料にしてみてください。

・ひび割れ

外壁にひび割れを見つけたら、それは修理すべきタイミングです。

塗装の軽いひび割れであれば家の強度に問題はありませんが、そのまま放置しているとひびが深くなり、雨水が浸入するなどの被害が出てしまうかもしれません。

ひび割れはモルタル外壁の水分が乾燥して収縮すること、あるいは地盤沈下や付近の道路の振動などさまざまな原因で起きる症状です。

避けることは難しいので、ひび割れを見つけるたびに補修しましょう。

・コーキングの亀裂

コーキングに亀裂が生じている場合も、修理が必要です。

亀裂が生じたまま放置していると、そのまま完全に切れてしまい、建物への雨水の浸入を防げなくなります

コーキングは雨水や日光の紫外線にさらされることで、どうしても劣化するものです。

時間が経過すると亀裂が生じることは避けられないので、早めの対応が重要となります。

・塗膜が剥がれてきた

外壁塗装の塗膜が剥がれてきた場合も修理を行いましょう。

剥がれた塗膜をそのままの状態にしておくと、範囲が広がるだけでなく、さらに下の塗膜にも影響を及ぼすことがあります。

塗膜の剥がれは経年劣化でも起こりますが、外壁塗装の不手際で発生するケースも少なくありません

外壁塗装をしてから間もない時期なのであれば、塗装業者の保証を利用することも検討してみてください。

・塗膜がところどころ膨れている

外壁の塗膜がところどころ膨れている症状も修理の目安になります。

家の外観を損ねる要因になりますし、膨れた部分が破裂して外壁の剥がれにつながる症状でもあるからです。

塗膜の膨れが起きる原因は、外壁と塗料の間に水分が入ってしまう、弾性の高い塗料が熱で膨張するなど多岐にわたります。

剥がれと同じく施工の問題であるケースも多いので、業者に相談することを考えてください。

・チョーキング現象

チョーキング現象が起きているなら、外壁の塗り替えを検討すべき時期が来ているのかもしれません。

外壁に触れたときに白い粉が手に付くようであれば、それはチョーキング現象が起きている証拠です。

チョーキング現象は経年劣化により発生するもので、塗膜の劣化を意味します。

必ずしもすぐ深刻な事態につながるわけではありませんが、近いうちに新しい塗装を行う必要がある症状です。

塗料の耐用年数と合わせて塗り替えの判断基準として活用しましょう。

・カビや藻、コケの発生

外壁にカビや藻、コケが発生しているなら、外壁の塗り替えをおすすめします。

外壁塗料には防カビ・防藻の機能を持つものが多いため、カビや藻などの発生は塗膜の劣化が始まっているサインとなります。

外観を綺麗にするだけなら高圧洗浄だけでも大丈夫ですが、劣化が明らかな場合には塗り替えをして汚れが付きにくい状態に戻した方が無難です。

また、普通に掃除しただけでは根を張ったカビは完全に取り除くことができないので、状態がひどいなら業者への依頼はほぼ必須となります。

・サイディング外壁が割れている(欠けている)

外壁のサイディングボードが割れていたり、欠けていたりする場合には修理を行いましょう。

割れや欠けを放置していると、サイディングボードがその部分から水を吸って脆くなってしまうからです。

サイディングボードの張り替えや重ね貼りで対応しましょう。

新築もしくは張り替え直後であれば、外壁の割れや欠けは施工時のミスが原因であることが多いです。

経年劣化であることが明らかでないなら、業者に確認をとりましょう。

外壁修理費用を安くするには?

外壁修理費用を安くするには?

外壁修理にかかる費用を少しでも安くするには、どんな方法があるのでしょうか?

外壁修理費用を節約するためのコツについて解説していきます。

定期的に外壁の状態をチェック

定期的に外壁の状態をチェックすることは修理費用の節約につながります。

早い段階で外壁のトラブルを発見できれば、状態がひどくなる前に修理することができるからです。

安い費用で行える修理方法を選べるチャンスも多くなります。

外壁の状態を判断することは素人にはなかなか難しいので、業者に依頼して修理が必要かどうか診断してもらうことがおすすめです。

部分補修で細かに修理していく

部分補修を繰り返して、細かに修理していくことも費用を安くするコツです。

まとめて修理を行った方が安くなるように思えますが、大規模な補修は足場が必要となります。

足場代は10万円以上かかることも珍しくありません。

つまり、まとめて修理を行うと支払う費用の総額が高くなってしまうのです。

屋根修理と同時に行う

屋根の修理を行う際、外壁の補修や塗装を同時に行うことで費用を安くできます。

なぜなら、共通の足場を使うことで足場代が節約できるからです。

既に述べた通り、足場代にかかる費用は10万円以上になることもあります。

特に外壁全体の塗装は足場がほぼ必須なので、屋根の修理や塗装と同時に行いましょう。

複数の業者で見積もりをする

外壁修理を行う際は必ず複数の業者で見積もりをするようにしましょう。

同じ作業であっても業者ごとにかかる費用は異なるからです。

修理内容によっては提案される金額に大きな幅が生じることもあります。

前回修理を依頼した業者へ何も考えずに再度お願いするのではなく、見積もりを比較してから依頼先を決めましょう。

見積もりだけなら無料で行ってくれる業者も多いので、追加費用の心配をする必要はほぼありません。

外壁塗装・修理を先延ばしにしない

外壁塗装・修理を先延ばしにしない

外壁の塗装や修理は先延ばしにしないことが鉄則です。

外壁塗装の塗り替えを行う目安と、先延ばしにした場合のリスクについて説明します。

外壁塗装の目安は10年

外壁塗装の目安は10年と言われています。

その理由は、外壁塗装によく用いられるウレタン系塗料やシリコン系塗料の耐用年数が10年前後に設定されていることが多いからです。

フッ素系塗料や光触媒塗料など価格が高めの塗料を使っている場合には10年以上持ちますが、そうでないなら10年ごとに外壁塗装をする意識を持ちましょう。

外壁塗装・修理を先延ばしにすると…

外壁塗装・修理を先延ばしにしていると家の外観が悪くなること以上の問題が起きるリスクが出てくるので、気を付けたいところです。

例えば、ひび割れや塗膜の剥がれを修理しないままでいると、外壁の防水性が損なわれ家の中にまで雨水が侵入することがあります。

すると、雨漏りが起きるようになったり、壁の内側にカビが生えたりとさまざまな問題に直面することになるはずです。

本来は外壁の修理費用だけで済んでいたトラブルも、先延ばしすることでより高額な修繕費用が必要な事態になってしまいます。

そのため、面倒くさがらずに早急な対応を心がけることが大切です。

DIYの外壁修理は危険です

DIYの外壁修理は危険です

費用を節約するためにDIYで外壁修理をしようとする人もいますが、おすすめできません。

高所での作業は思わぬ怪我につながって危険ですし、外壁修理の仕上がりが不十分で再修理しなければならないケースもあるからです。

外壁修理に必要な道具を一から揃えるために初期費用がかかる点も気になります。

費用が安くなるからとDIYで済ませるのではなく、プロの技術を持った専門業者に任せた方が最終的には満足できる結果になるはずです。

外壁修理費用の価格相場を知って賢く施工しよう~まとめ~

外壁修理費用の価格相場を知って賢く施工しよう~まとめ~

外壁修理費用の価格相場や費用を安くするためのコツを紹介しました。

外壁を美しく機能的に維持するため、紹介した外壁修理に関する知識を活用してみてください。

 

外壁塗装の見積人気依頼ランキングはコチラ

外壁塗装の一括見積ランキング
厳選に厳選を重ねた外壁塗装一括見積サイトの人気ランキングです。 全てのサイトにて完全無料で利用することができますので、安心して問い合わせし...
外壁塗装一括見積人気ランキング

外壁塗装は、家のメンテナンスには欠かせない内容であり、業者に依頼をすると数百万円の金額になってきます。

一方で、強引な営業や、手抜き工事をされることも多く、業界そのものの信憑性に欠ける要素を持っています。

そんな状況下でも優良な外壁塗装業者は存在します。素人では見抜けませんが、外壁塗装一括見積サイトを通して、厳選なる審査をしているため、安心して優良外壁塗装業者と連絡することができるようになりました。

以下より人気ランキングになっておりますので、是非ご覧ください。

外壁塗装一括見積人気ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外壁塗装見積書の見方や例、押さえておきたい注意点~まとめ~

外壁塗装見積書の見方や例、押さえておきたい注意点

丸太足場の特徴と費用相場

外壁塗装の適正価格は単価相場で判断できる?

セラミック塗料

外壁塗装の見積もり時における注意ポイント

外壁塗装の費用・価格・料金

外壁塗装の費用っていくら?事前に確認するべきポイント