外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較

外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較

塗料には主に2種類あり、水性塗料と油性塗料があります。

機能性に優れていると言われている油性塗料、安全性に優れていると言われている水性塗料はどちらがよいかは専門家でも意見が分かれています。

こちらの記事では、そんな油性塗料と水性塗料の違いやメリット、デメリットについて解説していきます。

どう違うの?水性塗料と油性塗料

どう違うの?水性塗料と油性塗料

水性塗料と油性塗料の違いとして最も大きなものは、溶剤の主成分です。

溶剤とは外壁塗装用の塗料に混ぜて溶かす液体のこと。

溶かす液体の主成分が油性(シンナーなど)だと油性塗料、水だと水性塗料、という具合に溶剤の主成分次第で塗料の呼び方は変わってくるのです。

塗料は液体ではない?

塗料は色などの役割をする「顔料」、耐久性などの役割をする「樹脂」、ツヤがある塗料のツヤを消すなどの特別な機能をつけるための「添加物」からできています。

これらは液体ではないので溶剤で溶かして使用します。

そのため外壁塗装用の塗料は、溶剤で溶かしたものを壁に塗って乾かして、溶かした液体を蒸発させることで壁に密着させる仕組みなのです。

水性塗料の特徴

水性塗料は溶剤を水で薄めて使用する塗料で、シンナーを使用している油性塗料と違って強いにおいはしないことが特徴です。

人の身体にも優しいので、内装の塗装にも使用することができます

油性塗料には2種類ある

油性塗料には2種類ある

油性塗料は大きく分けて溶剤と弱溶剤の2種類があります。

溶剤と弱溶剤でどのような特徴があるのかチェックしてみましょう。

溶剤の油性塗料

主な溶剤としてはアクリルシンナーやラッカーシンナー、ウレタンシンナーやエポキシシンナーなどが挙げられます。

これらは以前盛んに使われていた、溶解力の強いシンナーを用いた油性塗料です。

弱溶剤の油性塗料

弱溶剤の油性塗料は、溶剤で使われているシンナーと比べて刺激の弱い塗料用シンナーを使ったものです。

溶剤塗料より、においが弱く環境に優しいです。

1液型と2液型

油性塗料にはそのまま使える1液型と、混ぜて使うタイプの2液型と呼ばれるものがあります。

混ぜるタイプの2液型は一度混ぜるとその日の内に使い切らなければなりません。

手間や技術が必要な2液型の塗料ですがその分仕上がりや持ちは良くなります

水性塗料と油性塗料のメリット・デメリット

水性塗料と油性塗料のメリット・デメリット

それでは水性塗料と油性塗料にはどんなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

水性塗料のメリット

  • 人体と環境に優しい
  • 価格が安めである
  • 保管がしやすい

水性塗料はシンナーなどの溶剤を使っていないのでシックハウス症候群の原因の一つとして考えられるVOC(揮発性有機化合物)が油性塗料に比べ少なく、人体や環境に及ぼす影響が少ないです。

においも少なく油性塗料と比べて価格が安いものが多いです。

水性塗料のデメリット

  • 油性塗料より長持ちしにくい
  • 下地によっては使えない
  • 艶が落ちやすい
  • 天候や気温に左右されることも
  • 保管に注意が必要

水性塗料は有機溶剤の含まれない塗料であるため強い塗膜を生成することができず、油性塗料と比べるとどうしても剥がれやすくなってしまいます

また、下地が鉄の場合は水性塗料を弾いてしまうケースもあるので、塗装に使用できないことがあります。

気温が低いと乾きにくいことや、塗膜のツヤが落ちやすいこと、雨が降っていると施工が困難になることなどもデメリットとして挙げられます。

油性塗料のメリット

  • 水性塗料より長持ちしやすい
  • 艶が消えにくい
  • 気温によらず乾燥させやすい

油性塗料には有機溶剤が含まれているので、強靭な塗膜を生成することができます。

水性塗料よりも剥がれにくく長持ちする上、汚れがつきにくかったりツヤが長持ちしたりと耐久性に優れていることがメリットです。

乾燥時間が短いことや天候に左右されずに施工できることもメリットです。

油性塗料のデメリット

  • においが強めである
  • 価格が高めである
  • 保管に注意が必要

油性塗料のデメリットとして1番に挙げられるのは、シンナーのにおいがきつく人体に影響を及ぼしてしまう可能性があることです。

さらに有機溶剤は燃えやすい特徴があるため、塗料の保管場所にも気を配る必要があります。

値段が水性塗料よりも高い傾向にあることもデメリットとなっています。

水性塗料と油性塗料の選び方

水性塗料と油性塗料の選び方

では実際に水性塗料と油性塗料のどちらを選べばよいのかについて、基準となるものを見てみましょう。

機能性で選ぶなら油性塗料

油性塗料はにおいや環境への影響についてマイナスに捉えられることがあるものの、やはり機能性では水性塗料に負けることがありません

水性塗料と油性塗料の耐用年数が同じだったとしても耐候性は油性塗料の方が優れています。

機能性で選ぶのであれば、油性塗料を選んでおけば間違いないでしょう。

水性塗料の機能性も負けていない

以前は油性塗料の方が圧倒的に能性に優れていたのですが、メーカーの開発や研究が進み、水性塗料の機能性も油性塗料に負けないくらい向上してきています

安全面の観点からも水性塗料の需要は高まっているので、今後はより需要が増えていくと予想されます。

安全性で選ぶなら水性塗料

VOCが油性系に比べ少なく人体や環境に悪い影響を与えにくいのは、水性塗料の大きなメリットです。

においもなく周囲にも迷惑をかけずにすむので、安全性で選ぶなら水性塗料をオススメします。

屋根と外壁で使い分けるのもアリ

どちらか一方を使うだけではなく、油性塗料と水性塗料のそれぞれを使い分けるという考えもあります。

雨や日差しに晒されより強い耐久性が求められる屋根には油性塗料、それ以外の外壁には水性塗料という風に使い分けることもできます。

専門業者と相談して決めよう

水性塗料と油性塗料のどちらを利用するのかは現在の外壁や屋根の状況、予算、周辺環境によっても変わるので、知識のない人は信頼できる専門業者に相談するのが一番です。

適切な判断をするためにも複数の業者に見積もりをしてもらい、優良な業者を探しましょう。

外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較~まとめ~

外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較~まとめ~

外壁塗装の水性塗装と油性塗装の特徴やメリットやデメリットなどについて説明しました。

どちらを選択するかは特徴をよく把握してから選びましょう。

 

外壁塗装の見積人気依頼ランキングはコチラ

外壁塗装の一括見積ランキング
厳選に厳選を重ねた外壁塗装一括見積サイトの人気ランキングです。 全てのサイトにて完全無料で利用することができますので、安心して問い合わせし...
外壁塗装一括見積人気ランキング

外壁塗装は、家のメンテナンスには欠かせない内容であり、業者に依頼をすると数百万円の金額になってきます。

一方で、強引な営業や、手抜き工事をされることも多く、業界そのものの信憑性に欠ける要素を持っています。

そんな状況下でも優良な外壁塗装業者は存在します。素人では見抜けませんが、外壁塗装一括見積サイトを通して、厳選なる審査をしているため、安心して優良外壁塗装業者と連絡することができるようになりました。

以下より人気ランキングになっておりますので、是非ご覧ください。

外壁塗装一括見積人気ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セラミック塗料

外壁塗装の見積もり時における注意ポイント

外壁修理費用の価格相場

外壁塗装リフォームローンを組むときの方法や注意点

外壁塗装におすすめの塗料3選

外壁塗装の艶ありと艶なしはどっちがいい?2つの違いを徹底比較

家が雨漏り

外壁塗装をしないと何が起こるか?

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

外壁塗装をクーリングオフしたい!手続きと書き方まとめ

外壁塗装をクーリングオフしたい!手続きと書き方まとめ