【外壁塗装の予算がない】絶対にやってはいけない事

クーリングオフができないケースとは?

かなりの金額がかかってしまう外壁塗装。

「予算がないからなるべく費用を抑えたい」と思う気持ちはわかりますが、絶対にやってはいけない危険なこともあるのです。

こちらの記事では外壁塗装の予算がないときに、絶対してはいけないことを解説します。

外壁塗装の施工を先延ばしにしてはいけない

外壁塗装の施工を先延ばしにしてはいけない

予算がないからと言って外壁塗装の施工を先延ばしにしていると、いずれ取り返しがつかないほど家屋が損傷してしまうかもしれません。

一般的に外壁塗装の寿命は10年程度となっていて、それを超えると外壁塗装の施工が必要となります。

外壁塗装の施工をしなかった場合の家屋の損傷は次のようなものです。

屋根が劣化し雨漏りが起きる

建物の中で屋根は風雨を防ぐ大切な役割を果たしますが、自分ではなかなか屋根の劣化に気づけないもの。

よく使用されているスレート屋根の場合は7年から10年で防水性が無くなり、そのまま放置すると雨漏りが発生します。

そして屋根の塗装を塗りなおさずに放置しておくと屋根はどんどん劣化し、使用されている素材によっては屋根全体の葺き替えが必要になってしまいます。

こうなってしまっては外壁塗装の施工金額どころではないほどの工事費用が必要になるため、さらに多額の費用を使わなければならない事態に陥ってしまうのです。

家屋金属部分のサビが腐食に繋がる

一般的な住宅では鉄以外にも亜鉛メッキ銅板やアルミ、ステンレスなどの金属素材が多く使用されています。

ステンレスは比較的サビにくい素材ですが、特に鉄の部分などは簡単にサビが発生してしまうものなのです。

金属部分のサビを放っておくと腐食に繋がり、外壁塗装を塗りなおすだけでは済まなくなってしまいます

シロアリが発生する

みなさんは「コーキング」というものをご存知でしょうか。

コーキングとは、住宅の気密性や防水性を向上させるためにサイディング外壁やサッシ周辺、タイルなどの隙間に目地材を詰めて塞ぐこと。

このコーキングも風雨や経年による劣化が発生し、それを放置するとヒビ割れが起きてしまいます。

そうするとそのヒビ割れから家屋に雨水などが侵入して住宅が腐食し、シロアリが発生することもあります。

ヒビ割れの範囲が外壁にまで及んだ時にはコーキングを打ち直す工事が必要となり、さらに費用がかかります。

 

このように、外壁塗装の施工をせずに放っておくと余計な工事費用や修復費用が必要になり、結果かかる費用がかさんでしまうのです。

外壁塗装の寿命は使用している塗料の耐用年数によっても変わってきます。

代表的な塗料の耐用年数

・アクリル系塗料 4〜7年

・ウレタン系塗料 6〜10年

・シリコン系塗料 8〜15年

・ラジカル系塗料 8〜15年

・光触媒塗料 10〜15年

・ピュアアクリル塗料 12〜15年

・フッ素系塗料 15〜20年

・遮熱系塗料 15〜20年

格安業者は利用してはいけない

格安業者は利用してはいけない

外壁塗装はある程度の費用が必要になる工事であるため、「格安価格で施工が行える」ことをウリにしている業者がいます。

しかし結論から言うと、あまりにも安すぎる格安業者を利用するのは手抜き工事の可能性もあり、大変危険なのです。

具体的には

  • 施工内容的に通常であれば90万円近くする外壁塗装が格安価格により50万円で利用できる
  • 「明朗価格」や「納得価格」と言うキャッチコピーで施工料金を一括で50万円とするコミコミプランのような料金システムがある

このような業者を格安業者と呼びます。

格安業者が「格安」である理由

それではなぜ格安業者は通常よりも圧倒的に安い価格で施工が行えるのでしょうか。

それは、最低限必要な工程まで省いて施工を行なっているからです。

格安業者の言い分としては「大量仕入れで材料費を安く抑えている」「不要な人件費を削減している」ことを理由としていますが、実際にはこれだけで大幅なコスト削減にはなりません。

つまり、本当に必要な工程を飛ばすことによりかかる手間と時間を減らし、格安価格での施工を行っているのです。

格安業者を利用する危険性

格安業者を利用すると次のような危険性があります。

・足場レンタル費用を抑えるために施工期間を短くする

足場レンタルは意外とコストがかかるもので、外壁塗装施工費用の多くをしめます。

それを抑えるために施工期間を短くし、全体的に急いで施工をするため手抜き工事になりやすいです。

・ 塗料を安く使用するために必要以上に薄める

塗料にかかる費用を抑えるために、適正な希釈する量よりも更に薄めて塗料を使用します。

これでは塗料が本来の性能を発揮することができず、結果外壁塗装はすぐに劣化してしまいます。

・資格を持っていないアルバイトに施工をさせる

外壁塗装の施工をするのに必ずしも資格が必要になるわけではありません。

そのため人件費を抑えるために、格安業者はアルバイトに施工をさせる可能性があります。

・業務用の高圧洗浄機ではなく家庭用の安い高圧洗浄機を使用する

外壁塗装の施工をする上で高圧洗浄は古い汚れを落とす重要な工程。

高圧洗浄機には業務用の威力が高いものと、家庭用の威力が低いものとあります。

当然、業務用の高圧洗浄機を使った方がコストはかかるため、安価に手にはいる家庭用高圧洗浄機を使用している可能性があります。

これでは十分に外壁の洗浄ができず、新しく塗装をしてもすぐに剥がれ落ちてしまうかもしれません。

 

このように、格安業者を利用するのはいろいろな危険性があります。

本来であれば10年程度はもつであろう外壁塗装も、こんな施工をしてはたった数年で劣化してしまい、また新たに施工をする羽目になってしまいます。

粗悪な材料を使用される可能性も

外壁塗装で使用する塗料やサイディングの目地用のコーキング材などには、混ぜ合わせる量や乾燥させる時間など、材料の性能を最大限に発揮させるための使用方法があります

例えば放っておくと8時間程度で硬化してしまう材料などは、その前に外壁や屋根などに全て塗りきらなくてはなりません。

それ以外にも外壁塗装の施工には「重ね塗りには適正な乾燥時間を守る」や「乾燥時間も気温や湿度によって調整しなければならない」という様々な注意点があるのです。

優良な外壁塗装業者ならこういった注意点も完璧に押さえた上で施工をしてくれますし、そもそも塗料の取扱説明書やカタログには必要事項として記載されているのです。

 

しかし予算がないからと言って格安業者に依頼してしまうと、「材料を適切に使えば高品質な施工ができる」とわかっていながら、工事費用を抑えるために手抜き工事をされてしまう危険性があります。

手抜き工事を行う業者は塗料を混ぜ合わせるための分量も量らず、かくはんも適当に行い、ロクに乾燥させないまま次の工程に移ります。

こういった粗悪な材料を用いたり、必要な手順を省いたりして施工した外壁塗装が10年ももつはずはないのです。

見積もりから値切ってはいけない

見積もりから値切ってはいけない

外壁塗装の施工費用を安く抑えるためには複数の業者で見積もりを行うことが重要です。

しかしその場合でも「あっちの業者の方が安いからもう少し安くできないか」という値切り交渉をしてはいけません

これは、優良な業者は必要以上の利益を上げずに相場通りの予算で施工ができるよう、はじめから適正価格で見積もりを出しているからです。

値切り交渉に成功しても…

もし仮に値切り交渉をしたとして、中には応じてくれる業者もあるかもしれません。

しかし値切り交渉に成功したとしても、業者はもとから最低限の価格を出しているため、それ以上安くするには必要な工程を削るしか手段がないのです。

具体的には、本来3回しなければならない塗装の行程を2回に減らす、高圧洗浄にあまり時間をかけない、などの対応がされてしまいます。

これでは手抜き工事と同じことになり、結局外壁塗装は本来の寿命よりも早く劣化してしまうのです。

契約を急いではいけない

契約を急いではいけない

外壁塗装の悪徳業者は「現在の外壁はかなり劣化しているため、すぐに施工しないと危険です」とわたしたちの不安を煽り、すぐに契約させようとします。

しかし外壁塗装の状況はゆっくりと変化していくので、1ヶ月程度で急激に劣化する可能性はほぼありません。

時間がないと言われ、焦って契約してしまうと相場より高い費用で施工をされてしまうこともあります。

 

また、悪徳業者がよく使う手口にキャンペーン価格を用いた契約の勧誘というものがあります。

「今週中に契約すれば大幅に値引きができます」などと言って契約を急がせようとしますが、こういった手口ではそもそも相場より高い金額を提示してそこから値引きをしているだけであるため、 実際にはそれほど安くなってはいないのです。

外壁塗装の契約は複数の業者で見積もりを行い、じっくりと検討した上で行いましょう。

「とりあえず屋根だけ」はNG

「とりあえず屋根だけ」はNG

外壁塗装の予算がないときによくやってしまいがちなのですが、外壁と屋根の塗装を分けて行うのはNGです。

「予算がないからとりあえず屋根だけ」「今回は外壁だけ施工しよう」など、一回の施工費用は抑えられるもののトータルでは余計な費用がかかってしまうのです。

それはなぜかと言うと、外壁塗装をする上で必ず行う「足場を組む」行程を2回しなければならないから。

足場を組むのには意外と費用がかかるため、屋根と外壁を2度に分けて施工するとそのぶん足場にかかるコストも増えてしまうのです。

外壁塗装の施工は、よほどの事情がない限り屋根と外壁を同時に行うようにしましょう。

DIYの外壁塗装は絶対ダメ

DIYの外壁塗装は絶対ダメ

予算の都合により外壁塗装の一部または全部をDIYでしようとする人がいますが、外壁塗装においてDIYほど危険なものはないのです。

プロが行っても2週間ほどかかる作業を素人が行おうとすると3ヶ月から半年ほどはかかるでしょう。

塗装というのは想像より難しいもので、慣れていない人が行うとかなりの塗りムラが発生してしまいます

これでは外壁塗装はすぐに悪くなってしまうため、意味がないのです。

 

また、外壁塗装は高い場所で行うため素人が行うと落下や電線に接触する危険性もあります。

どんなに予算がなくても、DIYの外壁塗装は絶対にやめましょう。

【外壁塗装の予算がない】絶対にやってはいけない事~まとめ~

外壁塗装の施工費用を安くするためには複数の業者で見積もりをするのが大事。

優良業者が出した見積もり結果は信頼できるものであるため、適切な予算を確保して満足のいく施工を行いましょう。

 

外壁塗装の見積人気依頼ランキングはコチラ

外壁塗装の一括見積ランキング
厳選に厳選を重ねた外壁塗装一括見積サイトの人気ランキングです。 全てのサイトにて完全無料で利用することができますので、安心して問い合わせし...
外壁塗装一括見積人気ランキング

外壁塗装は、家のメンテナンスには欠かせない内容であり、業者に依頼をすると数百万円の金額になってきます。

一方で、強引な営業や、手抜き工事をされることも多く、業界そのものの信憑性に欠ける要素を持っています。

そんな状況下でも優良な外壁塗装業者は存在します。素人では見抜けませんが、外壁塗装一括見積サイトを通して、厳選なる審査をしているため、安心して優良外壁塗装業者と連絡することができるようになりました。

以下より人気ランキングになっておりますので、是非ご覧ください。

外壁塗装一括見積人気ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外壁塗装業者の自社保証はここを注意

外壁塗装の塗料や仕上げの種類

外壁塗装は築何年目に実施するべきか

築何年目で外壁塗装を考えるべきか?(外壁リフォームを行う目安)

外壁塗装に足場はなぜ必要?足場の重要性と費用相場

外壁塗装に足場はなぜ必要?足場の重要性と費用相場

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

外壁塗装を長持ちさせる弾性塗料とは?特徴やメリット・デメリットまとめ

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

外壁塗装で使用される塗料の種類をすべて解説します!

外壁塗料メーカーの製品の特徴

外壁塗料メーカーの製品の特徴やメリット・デメリットを徹底解説!