外壁塗装の悪徳業者の見抜き方とは!?

屋根や外壁の状況次第では保険が適用されない場合も!

外壁塗装の見積もりをしてみると、専門的な話で内容がよくわからない人も多いのではないでしょうか。

専門知識がないことをいいことにわたしたちをダマそうとする悪徳業者。

こちらの記事では外壁塗装の悪徳業者を見抜くために知っておきたい内容をまとめています。

どういった業者が悪徳業者なのか

どういった業者が悪徳業者なのか

外壁塗装の悪徳業者を見抜くためにはまず、どういった業者が悪徳業者と呼ばれるのかを知っておかなければなりません。

悪徳業者の特徴としては具体的に次のようなものが挙げられます。

契約を急ごうとする

訪問販売でいきなりやってきて「外壁がかなり劣化しており、すぐに外壁塗装をしないと大変なことになる」などと不安をあおり急いで契約させようとするのは悪徳業者の特徴です。

彼らはただ契約を取って利益を上げることだけを考えているため、施工のことなんてまるで考えていません。

相場よりもかなり高い費用を請求する

外壁塗装には定価がなく、立地条件や建物の状態、施工をする業者によっても値段が変わってきます。

しかし定価がないといっても複数の業者で見積もりを行えばある程度その建物の「相場」がわかってくるもの。

この相場よりもかなり高い費用を請求してくるのは悪徳業者の特徴です。

説明が不十分である

悪徳業者は必ずしも外壁塗装のことを知りつくしたエキスパートであるとは限りません。

それほど詳しい知識もないのに高い費用で施工をさせて、利益を上げようとする悪徳業者も多いです。

そのため見積書や施工内容について詳しい説明を求めても、十分に説明してくれないこともあるのです。

またそれ以外にも、都合の悪い内容を隠すためにわざと話をぼかして説明を不十分にする悪徳業者もいます。

手抜き工事を行う

手抜き工事を行うというのは悪徳業者の典型です。

見積もりの費用が相場通りだからと言って安心してはいけません。

費用が適正だとしても、施工内容に手を抜かれては意味がないのです。

具体的な手抜き工事の例

・本来3度塗りをしなければならない塗装の行程を2度塗りにする

・塗料を乾かす時間を早める

・高圧洗浄を家庭用の弱い圧力のもので行う

・高圧洗浄にあまり時間をかけない

・人件費を削るため資格を持った職人ではなくアルバイトを多く使用する

・グレードの低い塗料を使用する

アフターサポートがない

外壁塗装は施工してしまえば終わりというものではありません。

どんなに腕のいい職人が施工をしても、気候や天候、立地環境などによって外壁塗装の施工を終えてからも小さなトラブルが発生してしまうことがあります。

こういった際にアフターサポートが充実した優良業者であればすぐに対応をしてくれますが、悪徳業者の場合はトラブルが起きてもおかまいなし。

最悪の場合は問い合わせにすら応じず、連絡がつかなくなる業者もいます。

「前払い」で費用だけ受け取って連絡を断つ

「前払い」で費用だけ受け取ってから連絡が取れなくなるのは最悪のケースです。

なかには事務所も構えていない悪徳業者もいて、こういった業者は被害者がトラブルの相談をしても捕まえることが難しいため、何度も同じ手口でわたしたちをダマそうとします。

外壁塗装の悪徳業者にダマされないために

外壁塗装の悪徳業者にダマされないために

それでは、次に悪徳業者にダマされないために心がけたいことを紹介します。

この内容を実践するだけでも悪徳業者にダマされてしまう可能性はグンと抑えることが可能です。

複数の業者で見積もりをする

悪徳業者にダマされないために、最も有効なのは複数の業者で見積もりをすることです。

いくつかの業者から見積もりをしてもらうことでその建物の「相場」が見えてくるため、適正価格が理解できるのです。

また施工内容についても共通する内容が見えてきて、その建物にはどういった施工が必要なのかをしっかり理解できるでしょう。

最近ではインターネットで簡単に複数の見積もりができるサイトも増えたので、それを利用してみるのがおすすめです。

契約を急がない

外壁塗装の劣化は数ヶ月単位で緩やかに進行していくもの。

訪問販売員に「すぐに施工をしないと危険だ」と言われたとしても、焦って契約してはいけません

どうしても気になる場合はその業者と契約するのではなく、地元の他の業者に見積もりをしてもらったり相談してみたりするのがいいでしょう。

ある程度の知識を持つ

外壁塗装の悪徳業者にダマされてしまう一番の理由は、ほとんどの人は外壁塗装についての専門知識を全く持っていないからです。

もちろん外壁塗装の専門知識を持っていなくてもそれが当たり前ですし、悪いことではありません。

悪いのは全てダマそうとする悪徳業者です。

しかし自分の身を守るという意味でも、外壁塗装の施工を検討している段階である程度の知識を勉強してみてもいいかもしれません。

見積書は細部まで目を通す

見積書は専門知識がない人にはわかりにくく、流し読みで金額だけ見る人も少なくありません。

しかしこれでは悪徳業者の思うツボであるため、多少面倒でも見積書の内容は細部までしっかりと目を通しましょう

不明点や疑問点は必ず確認する

見積書を細かく見ると、悪徳業者の見積書には必ず不明点や疑問点が浮かんできます。

こういった内容は必ず全て確認し、明確な説明が得られないようであればその業者を利用してはいけません。

担当者がしどろもどろになったり、話題を変えてごまかそうとしたりする場合は間違いなく悪徳業者です。

「前払い」があるときは内容をしっかり確認

外壁塗装の施工は金額が大きく、分割での費用の前払いが発生することもしばしばあります。

必ずしも前払いが悪いというものではないため、なぜ前払いが必要なのかなど内容をしっかりと確認しておくといいでしょう。

外壁塗装の業者について詳しく知ろう

外壁塗装の業者について詳しく知ろう

外壁塗装の施工をする際に悪徳業者にダマされないために実践してほしいのは、その業者について詳しく知ることです。

過去の施工事例をチェックする

外壁塗装の優良業者は過去の施工事例をしっかりと公開しています。

業者のホームページに掲載されていることもありますし、パンフレットなどに記載されている場合もあります。

過去の施工事例をチェックしたら、担当者に「この施工はどういったものなのか」「具体的にどれくらいの金額がかかったのか」など詳しく聞いてみるのがいいでしょう。

 

そして可能であれば直接その建物へ案内してもらい、自分の目で確かめてみるのがおすすめです。

建物の場所が把握できたら、後日自分でその家を訪れてみて「施工の結果に満足できているか」を住んでいる人に思い切って聞いてみるのもアリです。

施工内容に不満があればそういった話も聞けて、その業者を判断する材料にもできるでしょう。

工事中の現場を見せてもらう

これは必ずしもできる内容ではありませんが、もし検討している業者が現在施工している建物があるのであれば、実際の工事現場を見せてもらうのもおすすめです。

手抜き工事を行う悪徳業者であれば工事現場を見られるのはマズいもの。

工事現場を見せてくれ、詳しく説明までしてくれる業者であれば、その業者は信頼してもOKでしょう。

職人について質問してみる

外壁塗装の優良業者は自分たちの施工に自信を持って営業を行なっています。

自社で施工まで行う業者なら営業担当の人も職人についてよく知っているはずですから、職人について質問してみるのが有効です。

それぞれの職人の特徴や性格などを熱弁してくれる担当者であれば、その業者は信頼できる優良業者ですので、安心して施工を任せれるでしょう。

外壁塗装の悪徳業者の見抜き方とは!? ~まとめ~

外壁塗装の悪徳業者の見抜き方とは!? ~まとめ~

外壁塗装の悪徳業者を見抜くために知っておきたい内容をまとめました。

施工費用も高くなってしまう外壁塗装は、ダマされてからでは手遅れ。

しっかりと自分の身を守れるようある程度は外壁塗装について知っておきましょう。

 

外壁塗装の見積人気依頼ランキングはコチラ

外壁塗装の一括見積ランキング
厳選に厳選を重ねた外壁塗装一括見積サイトの人気ランキングです。 全てのサイトにて完全無料で利用することができますので、安心して問い合わせし...
外壁塗装一括見積人気ランキング

外壁塗装は、家のメンテナンスには欠かせない内容であり、業者に依頼をすると数百万円の金額になってきます。

一方で、強引な営業や、手抜き工事をされることも多く、業界そのものの信憑性に欠ける要素を持っています。

そんな状況下でも優良な外壁塗装業者は存在します。素人では見抜けませんが、外壁塗装一括見積サイトを通して、厳選なる審査をしているため、安心して優良外壁塗装業者と連絡することができるようになりました。

以下より人気ランキングになっておりますので、是非ご覧ください。

外壁塗装一括見積人気ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

セラミック塗料

外壁塗装の見積もり時における注意ポイント

高い金額から大幅値引き

外壁塗装の値引き交渉は手抜き工事を招く!?

外壁塗装の費用・価格・料金

外壁塗装の費用っていくら?事前に確認するべきポイント

セラミック塗料のデメリット

外壁塗装の悪徳業者の手口を大公開!~失敗事例~