外壁塗装で人気の光触媒塗料とは!?特徴やメリット・デメリットまとめ

外壁塗装をクーリングオフしたい!手続きと書き方まとめ

外壁塗装と一口に言っても使う塗料の種類によって特徴は異なります。

そのため、塗料選びは理想の家の外観作りで大切となるポイントと言えるでしょう。

最近外壁塗装で人気を集めているのが、光触媒塗料です。

光触媒塗料が初耳という方もいると思いますが、どんな塗料なのかチェックしていきましょう。

光触媒塗料とは

光触媒塗料とは酸化チタンを原料として製造される新しい外壁塗料です。

従来の塗料とは異なるコンセプトで作られており、外観を整える・壁の防水をする以外の役割を光を利用した化学反応によって担うことができます。

化学反応と言っても危険な物質が放出されるわけではないので、安心して使うことのできる外壁塗料です。

光触媒塗料の特徴とメリット

光触媒塗料の特徴とメリット

それでは光触媒塗料にはどんな特徴やメリットがあるのでしょうか。

光触媒塗料で外壁塗装を行うことの具体的なメリットを見ていきましょう。

セルフクリーニング効果がある

光触媒塗料を使うことの最大のメリットが、セルフクリーニング効果です。

その名前の示す通り、光触媒塗料自身の力で汚れを洗い流すことができます

まず、光触媒塗料は静電気の起きにくい膜を作るので、塵やホコリといった大気中のゴミが吸着しにくいです。

さらに光触媒塗料に日光が当たると活性酸素が発生し、自動車の排気ガスなどによる汚れを分解してくれます。

しかも光触媒塗料には水と馴染みやすいという特徴があるため、雨水とくっついて汚れを浮かび上がらせることも可能です。

浮かび上がった汚れは雨水で自然に洗い流されていくので、壁を綺麗な状態に保ちやすいです。

耐用年数が長い

耐用年数が長いことも光触媒塗料のメリットの1つです。

一般的なウレタン塗料やシリコン塗料の耐用年数が10年前後とされているのに対して、光触媒塗料の耐用年数の目安は20年とかなり長めになっています。

これは、耐久性の高いフッ素塗料と同等以上の耐用年数です。

頻繁に外壁塗装をしたくない人にとってはぴったりの塗料と言えるでしょう。

それ以外にも様々な効果が

光触媒塗料にはそれ以外にも様々な効果が期待できます。

カビや藻が発生しにくいことは十分なメリットですし、空気を浄化する効果もあるので環境に優しい塗料です。

光触媒塗料には消臭効果や遮熱効果もあるので、さまざまな目的で活用することができます。

光触媒塗料のデメリット

光触媒塗料のデメリット

ここまで光触媒塗料のメリットを見てきましたが、もちろんデメリットも存在します。

実際に塗料として採用するかどうかはメリット・デメリットの両面を見てから判断した方が良いでしょう。

具体的なデメリットとしては以下のようなものがあります。

施工費用が高くなる

施工費用が高くなることは、光触媒塗料のデメリットの中でも一番分かりやすいものでしょう。

光触媒塗料自体の値段がウレタン塗料やシリコン塗料と比べてまだまだ高額なため、施工にかかるトータルのコストもまた高いものとなってしまいます。

長い年数持つというメリットを考慮に入れても、1年あたりの費用が他の塗料よりも極端に安くなるということはありません。

太陽の光が当たらない部分では効果が少ない

光触媒塗料のセルフクリーニング効果は日光が当たることで最大限の効果を発揮します。

そのため、建物の影になるところなど、太陽の光が当たらない部分では得られる効果が少なくなってしまうのです。

立地条件によってはメリットが減ってしまう可能性があることに注意しましょう。

技術を持った業者でないと施工できない

光触媒塗料は誰でも壁に塗装することができるわけではありません。

過去には認定を受けた施工店しか施工することができないシステムが採用されていました。

現在は認定施工店以外でもOKですが、塗装する職人の腕に左右される部分があります。

地域によっては価格競争が起こりづらいので、施工費用の高さにつながる一因にもなります。

屋根や一部の外壁では使用不可

屋根用の光触媒塗料は現在取り扱いがないので、屋根には別の塗料を使わなければなりません。

壁と屋根の両方に塗装を行う場合、施工回数が増えるので費用もかさみがちです。

また、素材が木や石などで出来ている外壁に光触媒塗料を使うことはできません。

光触媒塗料を扱う塗料メーカー

光触媒塗料を扱う塗料メーカー

光触媒塗料はどんな塗料メーカーから販売されているのでしょうか?

各塗料メーカーの取り扱い状況についてチェックしていきます。

3大塗料メーカーは販売していない

国内の3大塗料メーカーである日本ペイント・エスケー化研・関西ペイントは光触媒塗料を販売していません。

そのため、日本特殊塗料・ニュートラルといったメーカーの商品を利用する必要があります。

実績のある信頼性の高いメーカーの商品を使えないことをデメリットと捉える人もいるでしょう。

TOTO「ハイドロテクトコート」は販売終了

光触媒塗料のパイオニア的存在であるTOTO「ハイドロテクトコート」は現在、販売を終了しています。

施工店によっては在庫の塗料で施工してくれるところもありますが、保証期間などの確認はしっかりと行った方が無難です

光触媒塗料の施工にかかる費用・価格相場

光触媒塗料の施工にかかる費用・価格相場

光触媒塗料の施工にかかる費用はどれくらいなのでしょうか?

依頼する施工店や使用する光触媒塗料のグレードによっても変わってきますが、1平方メートルあたり4,000円~5,000円が費用の目安です。

足場や高圧洗浄などの費用を考慮に入れると、40坪の一戸建ての塗装で100~150万円程度が価格の相場となります。

光触媒塗料をおすすめする訪問販売業者には注意!

光触媒塗料をおすすめする訪問販売業者には注意!

訪問販売業者が光触媒塗料をおすすめしてきたとしても、すぐに契約してはいけません。

光触媒塗料での塗装はかかる費用に幅があるので、高い見積もりを提案されている可能性があります。

また、光触媒塗料は施工業者の施工能力も重要です。実績をしっかり調べてから、相見積もりをとることを心がけましょう。

外壁塗装で人気の光触媒塗料とは 特徴やメリット・デメリット~まとめ~

外壁塗装で人気の光触媒塗料とは 特徴やメリット・デメリットまとめ

光塗装塗料のメリットやデメリット、販売状況などについて説明しました。光塗装塗料での外壁塗装は、その特徴を把握した上で選んでください。

 

外壁塗装の見積人気依頼ランキングはコチラ

外壁塗装の一括見積ランキング
厳選に厳選を重ねた外壁塗装一括見積サイトの人気ランキングです。 全てのサイトにて完全無料で利用することができますので、安心して問い合わせし...
外壁塗装一括見積人気ランキング

外壁塗装は、家のメンテナンスには欠かせない内容であり、業者に依頼をすると数百万円の金額になってきます。

一方で、強引な営業や、手抜き工事をされることも多く、業界そのものの信憑性に欠ける要素を持っています。

そんな状況下でも優良な外壁塗装業者は存在します。素人では見抜けませんが、外壁塗装一括見積サイトを通して、厳選なる審査をしているため、安心して優良外壁塗装業者と連絡することができるようになりました。

以下より人気ランキングになっておりますので、是非ご覧ください。

外壁塗装一括見積人気ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

外壁塗装で使用される塗料の種類をすべて解説します!

1液型と2液型の違いとは

外壁塗装業者:大手メーカーと地元業者の違い

外壁塗装に足場はなぜ必要?足場の重要性と費用相場

外壁塗装に足場はなぜ必要?足場の重要性と費用相場

団体による保証期間も組織毎に異なる

外壁塗装業者:工務店とリフォーム業者は何が違う?

外壁塗装業者の自社保証はここを注意

火災保険で無料になる!?外壁・屋根塗装に適用される条件とは

セラミック塗料

外壁塗装の見積もり時における注意ポイント