火災保険で無料になる!?外壁・屋根塗装に適用される条件とは

外壁塗装業者の自社保証はここを注意

外壁や屋根塗装を検討している人は火災保険で無料になる可能性を知っておきましょう。ただし、適用には条件がありますので、その点は確認が必要です。どのような条件を満たしていると外壁や屋根塗装が火災保険を適用できるのでしょうか?

火災保険に風災が含まれているかがポイント

火災保険に風災が含まれているかがポイント
  • 火災保険に加入していること
  • 火災保険に風災が入っていること
  • 損害鑑定人に風災と判定してもらうこと

火災保険により外壁や屋根の塗装を行えるかどうかは、条件を満たす必要があります。大前提は、火災保険に加入していることです。次に、火災保険の中に、風災が適用範囲に入っていなければなりません。また、保険会社が派遣する損害鑑定人などによる診断を受け、風災として認められる必要があります。

また、火災保険の契約書を改めてチェックしましょう。通常、火災保険の契約内容の中には風災が入っています。ただ、昔、加入したような場合、風災保険は任意のオプションという扱いになっている場合もあります。そのため、改めて確認をしておいた方が良いでしょう。

火災保険で外壁修繕などが適用されるケースとは

火災保険で外壁修繕などが適用されるケースとは

火災保険で風災が適用されるとしても、具体的にどのような状況なら認められるのかもチェックしておきましょう。風災に関して認められる状態は複数あります。

  • 台風や暴風雨で外壁や屋根が壊れる
  • 強風・竜巻などで外壁や屋根が壊れる
  • 突風で外壁や屋根が壊れる
  • 台風で屋根が破損して雨漏りが発生した
  • 竜巻などで飛んできたものがぶつかって外壁や屋根が壊れる
  • 大雪や雹により屋根が壊れる

一般的に、このような被害が出ると、風災被害で認定される可能性が高いです。上記以外にも、風災と認められるものはあります。また、基本的に火災保険会社から専門知識を持つ調査員が派遣されて判断されることは忘れないようにしましょう。

屋根や外壁の状況次第では保険が適用されない場合も!

屋根や外壁の状況次第では保険が適用されない場合も!

火災保険に入って風災が適用範囲内に入っていれば、屋根や外壁塗装がどんな状態でも適用されるというわけではありません。認めてもらえない状態もあるからです。

  • 経年劣化により屋根や外壁が破損した
  • 太陽光パネルなどをつけた後から雨漏りするようになった
  • 塗装作業が低レベル、手抜きによって損害が生じた

このような原因により、屋根や外壁で損害があっても、火災保険で費用をまかなうことはできません。多くの場合、風災による被害ではないからです。

もちろん太陽光パネルなどをつけて、雨漏りがするようになったのも、風災被害として認定されません。そのため、火災保険の適用外になる可能性が高いのです。

火災保険の適用対象かどうか判断する損害鑑定人とは

火災保険の適用対象かどうか判断する損害鑑定人とは

台風などで生じた自然災害による損害か、経年劣化かどうか、正しく判断するためには、専門家が必要です。そのため損害保険会社はその点を判断するため、損害鑑定人を派遣します。

損害鑑定人は、保険申請内容に基づいて現場を調査し、被害金額を算定し報告書を作り、保険会社に提出します。

火災保険で外壁修理をするなら申し込み書類を準備

火災保険で外壁修理をするなら申し込み書類を準備

外壁や屋根が風災により損害をし、火災保険の適用を検討する場合には、各種書類を用意しなければなりません。

  • 保険金請求書
  • 事故報告書
  • 修理した箇所に関する工事の見積書

業者に任せることもできますが、自分で書類を作成する場合、一般的にこの三つの書類を用意する必要があります。事故の報告書に関しては、保険証書番号や、契約者の名前も含め、日時や、損害が発生した時、どのような状況だったのか、原因なども含めて記載します。

さらに、損害が起きた建物の住所や、損害箇所に関する家の見取り図なども必要です。書類は加入している火災保険を契約した損害保険会社の窓口などに提出します。代理店でも大丈夫です。

写真を撮影しておくのがポイント

写真を撮影しておくのがポイント

風災により外壁や屋根に損害が生まれたら、写真を撮影するのは鉄則です。事故報告書に添付しておくと良いでしょう。写真を添付することで、損害鑑定人が調査対象の建物を見つけやすくなりますし、調査に関しても役立つ情報だからです。

損害箇所だけではなく、家の外観や各方角の外壁も撮影することで、よりどの部分が損害を受けているか判断しやすくなります。

被害が出ても認定してもらえないケースも

被害が出ても認定してもらえないケースも

火災保険により外壁や屋根塗装を検討しても、損害が出て三年以上経過すると、認定してもらえないので注意してください。例えば、保険会社に申請をしたのが風災被害の次の日など近日なら、記憶も明確ですし、台風や、強風などが吹いた日なので、被害が出てもおかしくないと判断できます。

その点が曖昧だったとしても、インターネットには気象情報のデータが出ているので、それをチェックするのも良いでしょう。手間だと考えるなら、早目に申請を行った方がトラブルのリスクがなくて済みます。

また、保険が適用されるかどうかは、工事費用が二十万以上かどうかも関係しますから注意が必要です。二十万以上でなければ、保険の適用はされません。ただ、外壁塗装も屋根塗装も高額で二十万以上になることが多いです。ただ、把握しておいた方が良い情報でしょう。

火災保険で無料になる!?外壁・屋根塗装に適用される条件とは~まとめ~

火災保険で無料になる!?外壁・屋根塗装に適用される条件とは~まとめ~

台風シーズンでは、暴風により戸建てを含め、建物には多くの被害が出るものです。もし家の外壁や屋根に損害が生じたなら、加入している火災保険をチェックしてみましょう。風災が入っている場合、修復費用を安くすることも可能です。経済的な負担だけではなく、精神的なダメージも減らすことができるでしょう。

外壁塗装の見積人気依頼ランキングはコチラ

外壁塗装の一括見積ランキング
厳選に厳選を重ねた外壁塗装一括見積サイトの人気ランキングです。 全てのサイトにて完全無料で利用することができますので、安心して問い合わせし...
外壁塗装一括見積人気ランキング

外壁塗装は、家のメンテナンスには欠かせない内容であり、業者に依頼をすると数百万円の金額になってきます。

一方で、強引な営業や、手抜き工事をされることも多く、業界そのものの信憑性に欠ける要素を持っています。

そんな状況下でも優良な外壁塗装業者は存在します。素人では見抜けませんが、外壁塗装一括見積サイトを通して、厳選なる審査をしているため、安心して優良外壁塗装業者と連絡することができるようになりました。

以下より人気ランキングになっておりますので、是非ご覧ください。

外壁塗装一括見積人気ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較

外壁塗装の水性塗料と油性塗料はどっちがいい?2つの違いを徹底比較

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

外壁塗装で使用される塗料の種類をすべて解説します!

外壁塗装をクーリングオフしたい!手続きと書き方まとめ

外壁塗装で人気の光触媒塗料とは!?特徴やメリット・デメリットまとめ

塗料の1液型と2液型の違いやメリット・デメリットを徹底解説

塗料の1液型と2液型の違いやメリット・デメリットを徹底解説

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

塗料とペンキはベツモノ!外壁塗装にはどっちがいい?

外壁塗装をクーリングオフしたい!手続きと書き方まとめ

外壁塗装をクーリングオフしたい!手続きと書き方まとめ